2006年09月02日

「CAT」ワク、ワクの世界

〓〓〓[.jpg
先日劇団四季の「CAT」を見てまいりましたよ。
何年か前から行きたいと思っていたのですが・・・機会とチケットが手に入りにくかったので少し、あきらめていたのですが、今年初め友達が企画をしてくれ、半年待ちで行ってきました。
劇場は思ったより小さい感じがしましたが、舞台と近く、舞台装置も不思議な感じでしたが、友人の説明ですと、すべて猫から見たサイズだそうです。
でも写真を撮ろうとしたら、係の方に注意を受けてしまいましたちっ(怒った顔)
さて、いよ、いよ開幕です・・・座席のあちら、こちらから猫の金色に光る眼が
そうなんです!!このキャッツシアターは、お客様と一体になる舞台なのです。
あちら、こちらから集まる、野良猫達・・・今夜はお祭り、そして最後には天上へと導かれる名誉ある猫が選ばれます。
年老いたおばーさん猫(でも実はねずみを自由自在に動かします)
プレボーイな猫、キュートなメス猫、電車猫、お芝居猫と次から次へと紹介されますが・・・なんと言ってもあの有名な曲「メモリー」・・・
電車猫.jpg
若い猫も歌いますが、やはり圧巻は嫌われ者のグリザベルの歌う声は、私達の胸にとても響いてきます。
そして最後のフィナーレにはすべての猫達が客席の一人、一人と握手しての、ご挨拶、その時にはもう、自分のこの、野良猫の世界に溶け込んでいます。

posted by ずも母 at 20:53| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。