2006年01月12日

初映画・・「SAYURI」

さゆり2.jpgSAYURI.jpg

「SAYURI」
今年の映画初鑑賞です。友達が去年の予告からとても気になっていたようで・・・2日に行ってきました。ストーリはあちら、こちらで紹介されていますが、ハリウッドからの芸者の世界??はていかなものかと思いつつ・・・目
前半の貧しい暮らしの為置屋に売られ一流の芸者までなる所では、暗い場面が多かった感じがしたが
あの目で相手をひきつける所などは私まで引き付けられそう〜〜(う〜〜ん目は言葉ほどものを言う納得)そして修行のきびしさ、女の戦い・・確かにありそうな話・・・
芸者さんてやはり偉い人がパトロンにつくとそれだけ認められたと言う事になるのかもしれないし・・置屋を継ぐと言う事はこれからの生活の安定もあると言う事かもしれないし?
すべてが想像の世界ではないかな?と??
映像もストーリーもすべて「SAYURIワールド」的わーい(嬉しい顔)
女優さん達が個性的で一人、一人の特徴をしっかりだしていましたね〜
着物が京都の古着屋さんのものらしいのですが、せっかくの着物が着方や立ち振る舞いでかすんで見えてしまったのは残念です。ハリウッド映画でいつも思うのですが、もう少し着物の着方をキチンとすればもっといい作品になったのにと思う作品が何作かありますよね。
ラストのシーンでは友達のすすり泣き・・exclamation&question私はう〜〜んちょっと「あしながおじさん」的?などと、とんでもない事を思っていました。
所で今回の日本人4名の中では・・・桃井かおりさん目立っていましたね〜〜黒ハート

話はちょっと違いますが・・・

私の仕事にヘルパーさんのシフトを組む事とクレーム処理がありますが・・
良く勘違いをする利用者様(男性)から「いや〜あのヘルパーさん来る回数多くしてよ」ととんでもない事を言う方がいらっしゃいます。おいexclamation×2おいexclamation×2私はそう言う斡旋はしないよちっ(怒った顔)なんだと思っているのと・・・(これは、本当に頭にきます)
posted by ずも母 at 10:23| ☀| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずも様、今年の映画始めは、お正月に相応しく、この作品でしたのね。
私は鑑賞してから随分たちますが・・・
今思うと、おとぎの国のお話だったような・・・(^^;やっぱりハリウッドですよね、「あしおながオジサン」的ラストってのもよくわかります。
それはそうと・・・
男性の勘違い利用者様、困りものですねぇ。(^^;私の映画始めは試写会で『スタンドアップ』でしたが、コチラも困り者だらけで正月から血圧があがっちまいました。(~_~メ)
Posted by ラクサナ at 2006年01月13日 17:58
あけおめ&お久しぶりです&お邪魔しまーす(^^)
昨年のうちにこれを見ましたが、着物好きな私としては、やはりあの着付けが気になって仕方がありませんでした(^^;)芸者の物語というよりは、「花魁ゲイシャ物語」のような印象でございました。
鑑賞前に原作を読んだ人からサユリはアメリカで成功すると聞きましたので、もう少しサクセスストーリーなのかな?って思ってたんですけどねー。
年が明けて私もブログを開設しました。まだ始めたばかりなので皆さんのように立派なものではなくてしょぼーいものです(^^;)
Posted by mei at 2006年01月14日 21:38
>ラクサナ様
先日WOWOWで「栄光への賭け」と言うマラソンにかける人生の物語で東京がでたのですが・・・これは着物の着方がばっちりでした^^でも私達がまだ、学生だった?頃の映画なので、ゴーゴーガールとか??も出演していて当時の東京を的確に映像化していましたね。

そうそう・・結構そう言う方がいてまるで私は「○○ババア」です(^^;(すみません○の中は勝手に想像して下さい)

>meiさんいらっしゃいませ〜〜♪
そうですよね・・・襦袢??のような格好で踊りの練習は困ります〜〜(笑)でもあの友禅流しのシーンは何故か好きですね。実際はあんな風に染めたものを干したりはしませんがね。
ブログ確認させていただきました。すごい!!毎日更新!!私はマイペースなので・・・でもこれからもよろしくお願いします。
Posted by ずも母 at 2006年01月15日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる
Excerpt: 「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-01-12 22:18

SAYURI
Excerpt: アーサー・ゴールデン著の、祇園の花柳界に生きたさゆりという女性の半生を描いた原作の映画化。 原作は、元芸妓であった新田さゆりという女性が、晩年にアメリカで知り合った歴史家に自らの半生を語るという内..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2006-01-13 00:35

SAYURI
Excerpt: 見ました 賛否両論あると思いますが。。。まず絶対といっていいほど疑問...「ほぼ全員が日本語と英語を喋れる」 まぁしゃーないかなぁとは思うけど。。。 キャストは凄いいい感じ..
Weblog: 平和
Tracked: 2006-01-18 01:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。