2006年05月11日

イタリア映画祭良い作品が見れました

先日友人に誘われ初めて「イタリア映画祭」に行って参りました。
「13歳の夏に僕は生まれた」
13歳の夏に僕は生まれた.jpg

<あらすじ>
裕福な家庭に育ったサンドロ、父にも母にも父の経営する会社の人たちにもかわいがられ絵に描いたよう幸せな生活・・・そして父と父の友人と地中海へクルージングへ出かけそこで彼は海へ転落してしまう、九死に一生を得て気が付いたところは不法移民達の密航船の中でした。彼を救ってくれたのは、ルーマニア人のラドゥとアリーナ・・・しかしそこは、水も食料もない地獄のような場所でした。なんとか生還したサンドロは二人を養子にしてくれるように両親に頼むのだったが、立ちはだかる法律の壁・・・二人はこのイタリアで生きて行くすべはあるのでしょうか・・

まだ、幼い顔をしたサンドロ、誰からも愛され、幸せに育った彼の前に現れた二人の兄妹??映画のはじめには、ぼっちゃんの顔つきがラスト近くはとても大人っぽくそして苦悩にみちた顔へとの変化がとても印象的でした。
この監督さんは初めて知りましたが、最初の頃の海へ落ち死の恐怖と戦うサンドロ、密航船の中生きる術を知って行くサンドロ、帰還した後のイタリア社会の現実を見てしまうサンドロ・・・とても丁寧に描いていたのが印象的でした。
13歳の思春期に体験した事は将来の彼にどんな影響を与えるのでしょか・・・

今回初めて「イタリア映画祭」にいきましたが、とても人気があり指定席がない方達は大変だったようです。来年も是非行ってみたいものです。

「プロデューサーズ」
サーズ.jpg

どこでもあらすじが書いてあるので改めては書きませんが・・・
ブロードウェイの裏側をおもしろ、おかしく、音楽にのせて楽しくみせてもらったって感じでした。でもそのサイトでも絶賛なようですが・・・・
私はあの風刺にちょっと乗れなかったかもしれませんふらふら
確かに歌もレトロな感じのミュージカルも良かったのですが??何故だろう??
でもおばーちゃん達の歩行器の踊りは楽しめましたよわーい(嬉しい顔)
それにしてもベビーフェイスのブルーム(マシュー・ブロデリックとブルーのハンカチ??タオルが良く合っていたこと(笑)
posted by ずも母 at 21:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、テンプレート変えましたね?
今の季節にぴったりね
先日はお付き合いありがとう
良かったよね〜これ。
映画祭もとても活気があって良かったと思いました。来年もまた行きましょう!
「プロデューサーズ」は最高です!!笑
Posted by マダムS at 2006年05月11日 21:49
>マダムS様
いつもお誘いありがとうございます。
さすが公開の決まっている作品でした。不法移民のたくましさと現実もみせられたような気がします。
又色々な映画祭のお誘いお願いします。
今日は熊川哲也のバレエに行ってきますね^^

プロデューサーズはすだれ頭にもノックアウトです(爆9
Posted by ずも母 at 2006年05月13日 07:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17685176

この記事へのトラックバック

イタリア映画祭?? 『13歳の夏に僕は生まれた』
Excerpt: 映画祭3日目、私は2日の『私が望む人生』に続く2本目。 既に一般公開も決まっており、東京では渋谷Bunkamuraル・シネマで5月末~上映、全国順次公開予定。映画祭がプレミア上映になります。 『1..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-05-11 21:46

「13歳の夏に僕は生まれた」/ノスタルジックな感傷を排した、誠実なジュブナイル映画
Excerpt: 『13歳の夏に僕は生まれた』(2005 / イタリア / マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ) (ネタバレあり)Text By 仙道 勇人  馴染みの女の元からひっそりと去っていく男の心情を歌ったトム・ウ..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2006-06-12 17:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。