2006年09月26日

スパリゾートハワイアンに行ってみたいな〜〜「フラガール」

〓〓〓[〓.jpg
最近映画界は洋画より邦画の方が人気があるとか・・・なるほどと思わせる作品に出会えました。来年のアカデミー賞外国作品賞に出品されるとか?!
これはもしかすると・・・ちょっと前までは、お笑いなどで、ネタにされた「常磐ハワイ」現在は「スパリゾートハワイアン」と言われているようですが、何故あの寒い所にハワイアンか??ちょっと不思議な感じはしていましたが、この作品を見て改めて、その意味と生き残りをかけた事業だったと言う事が感動をよびました。

物語は閉山に追い込まれそうな炭鉱が舞台です。福島に炭鉱があったのも私は知りませんでした。「一山一家」この言葉をかかげ、この炭鉱は従業員皆で支えあってきたのですが、石油の需要におされ・・リストラが始まります。そんな中レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の建設がはじまります。そして、まるで、フラダンスなどに縁のなかった少女達を募集・・・その中に仲の良い早苗(徳永えりこ)紀美子(蒼井優)もいました。しかし初めてみるフラダンスに、びっくり!!結局残ったのは小百合(しずちゃん)など含め5名だけ・・そこに元SKDのスター??平山まどか先生が来るのだが・・町の反対、親の反対、そして炭鉱の悲劇、少女達のがんばり・・物語は笑いに涙にと私をどん、どんひきつけていきます。

最初はともかく、笑えます!!南海キャンディ―ズのしずちゃんを見ただけでも笑えるのですから・・・「腰ふれねえ」「へそだせねえ」なるほど!!あの当時としては大変な事だったと思います。まして男は炭鉱夫としてのプライドもあるのですから・・でも、この施設のおかげで今のいわき市はあるのかもしれません。
途中からはどの座席からも嗚咽がでてきて、特にしずちゃんは蒼井優ちゃんも松雪泰子さんよりも、私達に訴えるものがありました。
フラガール2.jpg

さわやかな感動と改めて「一山一家」の意味がわかり、1回行ってみたいな〜〜と思わせる作品でした。そしてこれは、ただのサクセスものに仕上がっていないのも魅力的でした。



posted by ずも母 at 21:03| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。