2005年11月27日

秋の京都・・・女二人旅

行って参りました〜〜秋の京都・・・JRの「そうだ!京都に行こう」に誘われたわけではないが、今回は2泊3日!それも一番混んでいそうな日!!23日の祭日よりしゅぱ〜つ新幹線
小田原9時10分発ののぞみ、車内に入るとめだつのが京都の雑誌を持っている方々・・・
え〜〜こんなに京都に行くの?(自分達のそうなのにね)
11時20分京都駅着、今夜宿泊する都ホテルの荷物預かり所で大きな荷物はお願いして、身軽にさてるんるん出発exclamation×2
今回は地下鉄、JR、私鉄を利用しての移動わーい(嬉しい顔)なんせ、この時期は道路は混んでタクシーもバスも時間がかかります。
1日目・・・鞍馬、貴船へ

奈良線で東福寺まで行き乗り換え京阪線で出町柳そして叡山線で鞍馬まで・・・
いや〜〜出町柳の駅は人、人、人・・・ホームにいっぱい!!下調べした時刻表もあてにならず
ただ来た電車に飛び乗りました〜〜ふらふら
鞍馬に近ずくと目の前に真っ赤や黄色の紅葉が・・・ここは京都には珍しく作られていない場所
駅に降りるとちょっとひんやりとした空気〜〜山に来たな〜〜って感じ・・・
さて鞍馬寺へ最近義経で人気のスポットらしく、ここかしこに「義経、牛若丸・・」
鞍馬寺までロープウェイもあるけど若い??二人は歩くのを選びました〜〜
しかし・・・しかし・・・階段・・階段・・階段・・(でもこれは、まだ序曲)
やっと鞍馬寺へ絶景と紅葉・・赤のもみじ、黄色の楓・・
私の旅の目的のひとつ「朱印帳」を買いお寺で文字を書いてもらいます。さて今回何軒のお寺で書いてもらえるかしら??お参りを終わり・・休んでいると・・ん??貴船へ??
あ〜〜この道を行くと貴船まで行くんだだと二人で簡単に決め・・いざ出発exclamation×2
しばらくすると、この選択は大きな間違えと気がつきました。鞍馬寺に行く時よりすごい階段ふらふらふらふらでも時すでに遅し・・行くしかない!!そしてやっと頂上まで・・
さてこれから下り・・と思いきや・・
木の根道路
”木の根の道”・・そして、だら、だら続く下り道・・鞍馬からの登りより急斜面、途中でヒールで貴船から登ってきたカップルに会いましたが女の子が泣き出していました〜(おばさん二人はちょっと同情)今回の教訓は・・・鞍馬に来たら絶対!!貴船からは登ってはいけません!
雑誌にも鞍馬からの散歩?ルートはあったけど貴船からはなかったな〜意味がわかりました。
でも貴船であった御茶屋さんの方から「鞍馬のお山を登れるのは選ばれてひとですよ」と言われ二人で大満足です(引き返す人もあるようです)でも紅葉だけでなく、大杉など大自然にもふれる事ができました黒ハートさて・・・ホテルへ行き(荷物はすでに着いています)名前を言うとフロントから「ちょっと手違いがありましてスイートを用意させていただきました」
え〜〜スイートルームexclamation×2黒ハート
都ホテル
二人で写真取り捲り・・はっははは・・絶対これから先泊まれない手違いばんざいハートたち(複数ハート)
夕食は祇園の「ビストロ藤村」
京野菜がある、お料理をお願いしておきました。
ん??入ってびっくりたらーっ(汗)6畳ほどの中にテーブルがひとつ・・・知らない人達が座っており
その一角に「片倉様」のカードが・・・え??知らない人達と食べるの・・??
常連さんらしい方々・・・話が見えない・・・心臓がバク、バク・・ボジョレーヌーボを3種類樽で用意されており、好きなワインが飲めます。二人の緊張がわかったのかオーナーの藤村さんが、厨房から声をかけてきてくれます(厨房がテーブルのすぐ後ろ・・2畳ほど)
しかし・・料理が進みワインの酔いも回り、だんだん何故か皆と話始めます。
なんか・・メンバーがおもしろい、陶芸家の方、宮司さん夫婦、外科の先生夫婦・・・13名も入るといっぱいになってしまいますが「一期一会」その言葉がそのままの夜・・心のこもった料理・・
オーナーの人柄と京都の粋を味わえる場所でした。

二日目「哲学の小道」
さて次の日はホテルから哲学の小道で銀閣寺まで・・・
まずは南禅寺・・・
南禅寺
ここの水路はまだ使っています。大門にも登れますが・・階段がすごいがく〜(落胆した顔)
そして永観堂
永観堂
このあたりはともかく・・・雑誌とおり・・でも広いのであまり人は気になりませんでした。
ただ・・・道はすごい・・
途中でおりこさんそうな犬が道行く人をみています
哲学の小道の犬
「京のワンコ」です。
特別拝観の所もありお店をのぞきながらブラ、ブラ歩くのにいい所ですよ。
そして都ホテルに戻り(荷物は無料で預かってもらえます)
東西地下鉄から山陰線で「嵯峨野嵐山駅」へ・・・
今日の宿「嵐山ホテル」
窓から見える山の紅葉のみごとなこと・・・下を流れる保津川とのコントラスト・・絶景です。
早めに温泉に入り(嵐山温泉)食事も懐石料理・・・
夜のライトアップの拝観へ・・今回は夜もあまり寒くなく出やすかった。「宝厳院」今年初めての公開です。・・・前回来た時は入れなかったお庭・・・すごい!!赤、黄色などのライトアップがみごとでした。

3日目「トロッコ列車━常寂光寺ー厭離庵ー清涼寺ー宝きょう院ー松籟庵ー天竜寺」
ラスト・・とてもいい天気・・・朝日があたる紅葉もかくべつ・・
嵯峨野はすごい混雑・・・でも今回はあまり人の行かない場所を選び・・紅葉を満喫わーい(嬉しい顔)
常寂光寺
そしてお昼の「松籟庵」実はここは前回ブーツを間違えられ、女将さんにとても親切にしていあただいた思い出の場所でしたが・・・実は経営者が変わってしまっていました。今は書道家の「小林芙蓉」さんと言う方がオーナーだそうです。でもお料理は懐石風な湯豆腐とオーナーの方の書もみられ従業員の」方もとても感じのいいひと達ばかり・・「おいしいお酒」も良かったわーい(嬉しい顔)
でも予約は絶対必要です。

今回は天候にもめぐまれ・・・人にも触れ合え・・とてもいい旅行になりました。
でもタクシーの運転手さんから一言「二人とも自然の紅葉ほどいいものはないよ」の一言に
ちょっと・・考えさせられました。(私達丹沢からきています)
でも又機会があったら来て見たい京都です。






posted by ずも母 at 09:42| ☔| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長文のリポートご苦労様でした!笑
京都のわんこちゃんは京都弁でなくんだろうか・・なんてバカな事は言わないでっと・・
楽しい旅行だったようですね〜良かったね
写真も綺麗に撮れましたね〜きゃ〜本当に絵のようですな〜〜〜この美しいお嬢さんは誰?(爆)最高の時期に行けましたね〜〜羨ましい!
普段の行いがいいんでしょうきっと、頑張ったご褒美よね。
Posted by マダムS at 2005年11月28日 09:42
>マダムS様
は〜あ書き出したらあれも、これも・・・
でも、本当は書ききれないほどはハプニングもあり(爆)楽しく、そして色々な人にも触れ合えた3日間でした。帰って来たばかりなのに又京都に行きたくなります。しかし・・・鞍馬山は二度と登らないと思います。マダムS様こんどはごいっしょにいかがですか?
Posted by ずも母 at 2005年11月28日 20:03
素敵な写真ですね〜。関西人の私も行ったことない場所がいっぱいありました。今日のわんこならぬ京のわんこ、うちのと同じ柴ちゃんですね!!キャワイイ〜ずもさんを見てると、お仕事も家庭のこともちゃんとされて、こうやって旅行も楽しんでられてすごく人生を謳歌されてるようにお見受けしてうらやましいし、私も早くそうなりたいです。
Posted by ゆーみん at 2005年11月28日 20:23
>ゆーみんさん
ははは・・・あまり更新しないブログ見てくれてありがとう〜〜。実はこの旅行の前には我が家は姑の姉が2週間泊まっておりました〜〜(笑)我ながら今が一番いい時かな?と思っています。おいしいワインを堪能し・・おいしいお酒も飲み・・歩き・・歩き・・・
朱印帳には9箇所のお寺の印がつきました。
Posted by ずも母 at 2005年11月30日 11:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9858504

この記事へのトラックバック

宝厳院 獅子吼の庭の紅葉
Excerpt: 天龍寺の塔頭寺院のひとつ、宝厳院(ほうごんいん)へ。 写真は獅子岩と名付けられた巨石から紅葉を撮影しました。
Weblog: 京・壺螺暮
Tracked: 2005-11-28 21:02

嵐山 宝厳院ライトアップ紅葉
Excerpt: 運動がてら嵐山のライトアップ見に行かない?と私ご飯を食べてから嵐山へ向いました。渡月橋を渡ってすぐの宝厳院「獅子吼の庭」ライトアップ夜間拝観受付は20時30分までで、私達は7時頃行きました。時間的なも..
Weblog: 育児雑貨 ぽんぽこりんねっと♪
Tracked: 2005-11-30 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。